スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ブロークバック・マウンテン

 とうとう観ました。

 二人の若きカウボーイの愛憎を20年の歳月にわたって描いた作品。

 

 やっぱ男同士の恋愛を描いたものって、そこまでの過程を大事にしてるとこがいいよね。

 彼らは恋人や妻がいるんだけど、その子たちと知り合う時はその日のうちに出来ちゃったりするんだよね。

 腐女子としては、どうしてその人なのかを知りたいわけですよ。

 たまたまそばにいた女とかじゃなくてね。

 まあ、普通の恋愛映画を見ればそこが描かれてるのかもしれないけど。

 

 二人が羊を追っていたブロークバックマウンテンでの蜜月は、本当にニヤニヤしちゃいます。

 ずっとじゃれあってんだもん。

 それでヒース・レジャー演じるイニスがいい奴なんだ。

 そりゃ惚れちゃうよね。

 性格的にはイニス×ジャックなんだけど、いちゃついてるところを見ると逆?

 よく分かりません。

 雰囲気的にはジャックの誘い受け。

 

 次から結構ネタバレしてますので隠します。

続きを読む
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

曲「深淵」

 なんだろう、さみしいのかな(笑)

 どうもいつもの寂しんぼの波が来ているようで、切ないものばっか引っかかってくる。

 三角関係のBLCDの次は、歌です。

 

 「深淵」っていう歌。

 これはイケメン声優の小野大輔という人がアルバムの中で歌っている曲なんです。

 はっきり言って曲調はあんまり好きじゃなく、小野Dの歌声も私にはヒットしないのでスルーだったんだけど。

 なかなかねぇ。歌詞がいいんですよ。

 歌詞はコチラ↓

 http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=S04079

 曲として聴きたい方はコチラ↓

 ファンが作ったPVらしいです。

 

 実は同じく声優の杉田智和という人が作詞してます。

 主役級の声優さんですが、本人はかなりフリーダムな人種のようです。

 いや~、あの杉田が書いたとは思えんな。

 

 今は亡き彼女を思ってというコンセプトらしけど、全体的にフワッとしてるので、二度と会えない人という感じで聴ける。

 もうホント、全体的に痛いなーーーー。

「欲しいのは安心だけ。誰でもいい…」

「何度も繰り返す似たような過ちを。面影重なって目の前で消える」

 いって~な~~……。

 

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

夜ごとの花

 森久保祥太郎初攻め作品。

 祥ちゃんの出来は置いておいて(笑)、私の中でなかなか評価が分かれる作品となりました。

 というのは、主人公であるところの吹雪@岸尾の人間性。

 ストーリーは手酷い振り方をしてしまったかつての恋人が、兄の恋人として目の前に現れ、ドロドロの三角関係にもつれこんでいく…という感じでしょうか。

 兄の伊月にバラすと脅されて、兄を傷つけるのが嫌で表面上いやいやながら付き合っていくんだけども。

 その三角関係な感じが妙にリアルというか、生々しいというか。

 

 ネタバレ含みます。

 いいという方はReadMoreへどうぞ。

 

続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
その他のリンク
Track Back People
オススメ
*BLCDあり

*最大1ヶ月フリートライアル
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。