スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『崖の上のポニョ』感想3 完全にネタバレ

 閲覧注意!! ネタバレしてます。

 

 

 まず例のスレを見に行った。
 なるほどなるほど。
 神話的解釈、民俗学的解釈?をすると、意味深だったシーンの殆どに説明がつくし、表面上でも裏でも何が起きているのか大体分かりました。


 スレ主の最終的な結論。
『「崖の上のポニョ」は、宮崎映画史上、初めて 境 界 を 決 定 的 に 越 え る 物語だ。』
 これには基本的に賛成します。ただそれは裏でもなんでもなく(裏でもあるかもしれないが)、表の出来事かなと。

 ところで監督がわざとそうしてるかは置いておいて、映画全体が説明不足すぎるのは事実。基本的なストーリーですらあやういので、まずはストーリーから整理しようと思う。
 多分後半から一気にカオスになるので、私なりにストーリー(5歳児の観客が分かることと理屈で説明がつく起きた出来事)として理解した事をまず挙げます。

 

 魔法で大きくした船に乗って、宗介とポニョの冒険がスタート!(玩具の船に本当に乗れたらいいだろうな。大きな魚とか一杯いて楽しいね!)→街の人たちの船団と出会う(みんな無事だったんだ。良かった! それになんかみんな楽しそう。)→ポニョが赤ちゃんに食べ物を分けてあげる(人間として成長を見せる)→リサカー発見!ところが肝心の母はいない(冒険の挫折)→トンネルを二人で力を合わせ、くぐる(怖い。冒険の山場。グランマンマーレの魔法勢力圏内に完全に入り、ポニョが本来の姿に戻ってしまう)→窮地に追い討ちをかけるように現れた追っ手(悪い魔法使いであるフジモト)から逃げようとするが結局逃げ切れない→ところが追っ手ではなく助け手だったので(どんでん返し?)無事に目的地にたどり着く。母と再会し宗介は自分の目的を果たす。それとは別に、世界の運命も自分の手にかかっている。*(同時にポニョの願いをかなえることでもある)→試練を受けて見事達成する→お魚だったお姫さまは王子様に出会い、自分のために試練に打ち勝って人間になれました。そして世界も救われました。めでたしめでたし。

*詳しく言えば、ポニョが海と魔法の世界から人間の世界にやってきてしまったので、世界のバランスが狂い、世界が壊れようとしている。それを回避するためにはポニョを人間にしなければいけない。(そうすればバランスが元に戻り、世界の崩壊が防げる)それが出来るのはポニョが愛した宗介だけ。

 

 神話や民話をちゃんと勉強したことがないので確信はありませんが、多分冒険物語ってこういう構成になってるんじゃないかな。
 せめてこの流れを観客に分かりやすく、説明してでも描いておけば、あれほど観客がポカーンとならずに済んだのではないかしら。観客って言うか私の事ですけど!(笑)

 起承転結すら放棄しちゃった監督だけど、何が起きているかは最低説明しないとダメだと思う。

 で、これ以上の事は深読みとか解釈とかになってくるんだと思う。

 続く。

 次回はストーリーとは別の解釈部分です。同じ内容の出来事をスレ主の解釈と私の解釈で書いていきます。

 

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『崖の上のポニョ』感想2 完全にネタバレ

 閲覧注意!! 完全なるネタバレです。

 

 

<その時点で気になっていた意味ありげなシーン>
・ポニョは海にいたのに、宗介がいきなり水道水をバケツに入れてポニョをその中に入れている。

 ポニョが金魚ならば、金魚が海にいる時点で既におかしい。故に海水・水道水の区別はしなくてOKってこと?
・なぜリサたちは名前で呼び合うのか。
・おばあさん達にポニョを見せる前、一度水道でポニョをバケツから落としている。なんで?
・トキさんが初めてポニョを「人面魚」だと指摘する。そして宗介もおばあさん達もそう聞いても驚いていない。
 最初私は、観客にしかポニョの本当の姿は分かっていなくて、宗介も含めて他の人には普通の金魚に見えてるのかと思っていたら、トキさんが「人面魚」と言った上誰も驚かなかったので、他の人にも人面魚に見えてる事に気がついた。何故誰も気持ち悪がらないんだろう。トキさんの反応が全うじゃない?
・おばあさん達には金魚の折り紙、トキさんには船の折り紙。なんで? 単にトキさんがポニョを嫌がったからとも考えられるけど、なんだか引っかかる。トキさんが船の折り紙に反応したからだろうか。
・グランマンマーレがやってきた時、リサがみんなの灯台なんだからと言って点けたままでいた家の明かりを消してしまう。意味深だ。
・フジモトはわが子に「ブリュンヒルデ」という立派な名前をつけていたにも関わらず、ポニョが自分はポニョだと名乗りだすと、たいした抵抗も見せずに受け入れてしまう。なぜ?
・そして最大のモヤモヤ。赤ちゃんと出会ったポニョは、顔をこすり付けて何をしたの? カエル(半魚人?)に戻ってたから何か魔法を使ったんだとは思うけど。
 あのシーンの前半部分は、ポニョは赤ちゃんに何かをあげて、更にお母さんの説明を聞いてそれを理解する。学ぶことができるから暴走する子供の化け物のままではないという事だとは思うんだけど。
・災害時なのに大漁旗を掲げた船団。異様な光景としかいいようがない。5歳の子供が一人(二人)でお母さんを探しに行くというのに、誰も止めようはしないどころか、激励している。これはさすがに…死者の行進にしか見えなかった。
・宗介の船の乗せてというクミコちゃん。断る宗介。……意味ありげ。
・ポニョが激しく眠そう。つか寝ちゃう。なんでー?
・トンネル。それまでの明るい色調から一転して怖いトンネル。中でも恐ろしい事が起きるけど。「トンネル」に意味があるのはさすがの私でも知ってる。宗介「ここ、来たことがある」 ポニョ「ここキライ」でダメ押し。こんなにあからさまに持ってくるって事は、監督自身、裏設定は読み取ってねと思ってるってこと?
・トキさんと再会し、宗介を受け止めるシーン。スローモーションだし、何か意味があるはず。
・船出から後はとにかく意味不明なので、全てが意味ありげとも言える。

 

以上、モヤモヤのモトでした。

つづく。

次回は例のスレッドについて、自分の解釈を付け加えます。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『崖の上のポニョ』感想1 ネタバレ注意

 先日『崖の上のポニョ』がテレビ放映されたのを見ました。
 子供向けという事だったので、公開当初は惹かれずに見なかったので、この機会に見たんですけど…。
 その後あまりに色んなことを考えたり調べたりしたので、ちょっと書いておこうかと思います。すごーーーく長くなっちゃったので、数回に分けます。

 

 某巨大掲示板の有名なスレッドに「崖の上のポニョが神過ぎた件」というのがあって、実は随分前に読んだ事がありました。
 でもその時は、確かにそういう風に深読みも出来るだろうけど、本当に宮崎監督がそれを意図して作ったんだろうか?という疑問程度。スレの内容は殆ど忘れちゃってました。
 でも本編を実際に見てみると、監督が何かを意図しなかったとはとても思えない、ある意味あからさまに意味深なシーンが多すぎる!


 見終わって最初の感想は「なんじゃこりゃ。モヤモヤするわ!!」 
 5、6歳の子なら小さな恋人達の大冒険として楽しく見れるだろうけど、オトナである私にとってはストーリーとは別に意味ありげなシーンが多すぎて、なのに何が言いたいかははっきりとは分からない。イライラ!!

 

 そして登場人物に感情移入ができない。
 誰に目線を合わせて見るか(見てしまうか)といえば、年齢的に宗介の母親であるリサです。
 ところがそのリサの行動の全てが、とても5歳児を持つ母親の行動とは思えずに全く共感できない。

 

 それからポニョが怖すぎる。
 ポニョは得体の知れない化け物にしか見えない。
 車で崖の上の家に戻ろうとしている宗介を追って、魚の波に乗ってやってきた時なんか、なんとか逃げ切ってくれ!って思ったもん。やはり母親目線なんだろうか。あのシーンはホントに怖かった。
 中身は子供で何も分かっていないのに、大津波を起こして街を沈めてしまうほどの力を持っているなんて怖すぎない?
 その上、子供でもあるけれどそれ以上に女だな、と思ったね。

 

 宗介に会いたい一心で、目的のためには手段を選ばず、それがどんな事態を引き起こすかも考えず会いにくるポニョ。恋する女そのものだわ。
 金魚を見せてと言って来た同級生のクミコちゃんに、ぷーいってしてムカつかせ、彼女にいきなり水をかけて新しい洋服を台無しにして泣かせてしまうポニョ。
 直感で「コイツも宗介に気があるぞ。ライバルだ!」と見抜いたポニョの先制攻撃でしょう。
 なのに能天気に「クミコちゃんが悪いんだ」とか言ってポニョをかばう宗介。
 子供のいる友達からよく聞くのは、男の子は無邪気で可愛い。女の子は生まれながらに女だ。という話。
 人間に化けたポニョは可愛らしいけど、それ以外のポニョは気持ち悪いし、とりあえず力が強大すぎて怖いので
宗介がそこまでしてポニョにこだわる理由も分からない。
 …書いてて思うけど、やっぱり息子を知らない女に取られそうになってる母親目線だな(苦笑)
 どうして分からないの、宗介! あなた騙されてるのよ!?と言いたい気分(笑)
 最後はポニョと宗介がキスして終わるけど、この先の二人がとても心配だ。ポニョは人間界でまともにやっていけるのだろうか。成長する見込みはありそうだけど。

 

 そんなこんなで総括すると、つまらなかったというのが正直な感想。
 なんとか分かったのは、宗介が母親の庇護を脱して大人になる話?
 あと「結婚」がテーマかなぁ。というぐらい。最後にポニョの父親とがっちり握手してるしね。

 


 確かに意味ありげなシーンがてんこ盛りだから、監督としては何か意図したことがあったんだろうけど、それが観客に伝わらなかったのならそれは独りよがりとしか言えないなと思ってた。
 ……が。
 時間が経つにつれて気になってしょうがなくなってきた。
 多分、独りよがりだと思っていたけど、もしかしたら意味ありげでありつつもはっきりとはメッセージを示さないという構図自体が意図的に仕組まれているのではと思い始めたから。
 他の人がどういう感想を持ったのか、解釈があるならどういう事なのか、調べてしまいましたよ。チクショウ!

 つづく。

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
その他のリンク
Track Back People
オススメ
*BLCDあり

*最大1ヶ月フリートライアル
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。