FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

リバティーン

まさにジョニー・デップな映画でした。
最後には梅毒に侵されてボロボロな姿を晒しますが、それでも尚何故か魅了され、見捨てる事が出来ません。
あなたは人々に愛されるために生まれてきた人です。
徹底的に自由に生きた彼に皆嫉妬しながらも魅了されてしまいます。

彼がどんなにボロボロになっても、帰ってくれば、家を空け続けだった彼を妻は許して受け入れます。
元の主人から金を盗んで逃げた経歴のある使用人も、ジョニーからは離れません。
戯曲が王の不興を買い、逃走中のジョニーの世話をするのはお気に入りだった娼婦ですが、彼女も献身的です。
みんな彼を愛しているから。
ヒロインを忘れてました。舞台女優のリジー・モリー。
…すいません、彼女だけはイマイチ理解できません。

最後の問いかけ。「私が好きか?」と何度も画面から問いかけられます。
抱き締めたくなるじゃねーか、コノヤロウwww


最後に腐女子的感想。
きっとロチェスター伯爵は王様に可愛がられ、使用人(男)を可愛がって可愛がられ、18才の新しい仲間ダウンズ君と相当お楽しみになったのだろうなぁ。(一番最初の独白で「男もいける」と公言してますv)
いつもは不遜な態度の伯爵も王の前に出ると、ちょっと子供っぽく拗ねたり、ゲーム参加を強要されて溜息つきながら参加したりとちょっと可愛い。

萌えた会話
ロチェスター伯:塔に幽閉したくせに。
王:出してやったろ。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
その他のリンク
Track Back People
オススメ
*BLCDあり

*最大1ヶ月フリートライアル
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。