スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ブロークバック・マウンテン

 とうとう観ました。

 二人の若きカウボーイの愛憎を20年の歳月にわたって描いた作品。

 

 やっぱ男同士の恋愛を描いたものって、そこまでの過程を大事にしてるとこがいいよね。

 彼らは恋人や妻がいるんだけど、その子たちと知り合う時はその日のうちに出来ちゃったりするんだよね。

 腐女子としては、どうしてその人なのかを知りたいわけですよ。

 たまたまそばにいた女とかじゃなくてね。

 まあ、普通の恋愛映画を見ればそこが描かれてるのかもしれないけど。

 

 二人が羊を追っていたブロークバックマウンテンでの蜜月は、本当にニヤニヤしちゃいます。

 ずっとじゃれあってんだもん。

 それでヒース・レジャー演じるイニスがいい奴なんだ。

 そりゃ惚れちゃうよね。

 性格的にはイニス×ジャックなんだけど、いちゃついてるところを見ると逆?

 よく分かりません。

 雰囲気的にはジャックの誘い受け。

 

 次から結構ネタバレしてますので隠します。

 ブロークバックマウンテンでの生活から4年後、二人が再会するんだけど、そのそわそわぶりがすごい(笑)

 再会したとたん、物陰にもつれ込んで熱烈なキス。

 ここはステキなんだけど、玄関に出てきたイニスの妻に丸見え。

 男ってバカだなーと思いました。

 

 それからも逢瀬を重ねる二人。

 全然バレてないと思ってるところがホントバカ。

 バカで愛しい。

 

 お互い、お互いがいないとダメなのに、家族もあるし自分自身にもタブー感があるしでずるずると20年。

 恋しくて立っていられないほどなのに。

 ラスト近く、二人の最後の逢瀬は泣けます。(全体的に泣けるけど。)

 他の女と寝てるとは言えても、ほかの男とできてるとは言えないジャックと、なんだかんだ言いながら、ジャックが男と遊んだ(先述の男とは別。)と聞くと「殺してやる」というイニス。

 この「殺してやる」が同性愛への嫌悪からか、裏切りへの怒りなのかは分かりませんが。

 私は後者だと思った。

 

 最後のシーンはね。ホントもうね。

 でもイニスが後を追っちゃわなくて良かったよ。

 ずっと二人は一緒だから。

 

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

お邪魔いたしま~す。
女と浮気しても寛容なのに、男の話が出た途端のあのイニスの激怒ぶり、あれはけっこう二人の仲の異端さを表してるな~と思いました。
それと、4年後の再会を待っているイニスのそわそわぶりね(笑)可愛かったですよね。
あのキスを目撃されたシーン、映画館では笑い声が漏れてたという記事も読みました。
アホっぽいですもんね。アホ可愛いです。

私が書き残したこともたくさん書いてくださってるレビューに感激しつつ、TBいただいてきます♪

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ブローックバック・マウンテン』を観ました。
ブロークバック・マウンテン [DVD]出演:ヒース・レジャー販売元:ジェネオン エンタテインメント発売日:2009-07-08 今頃観ました。 息を呑むほどに風景が美しかったです。映画館で観たかったな~と悔やむほど。 作品は終始淡々としていて、それがよかったです。 こ?...
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
その他のリンク
Track Back People
オススメ
*BLCDあり

*最大1ヶ月フリートライアル
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。